宝いぬ-宝塚大好き家族がつづる公演レビューブログ

宝塚家族の花・月・雪・星・宙と素敵なものブログ

ロナンって本当に農民なの?実は王子様なんじゃないの? 梅芸1789観劇日記その2

 

いや~、昨年の月組の1789を観劇した時から
ずっと思っていたのですが、

ロナンって本当は王子様なんじゃないのですか?

あまりにもキラキラしているものですから(●´ω`●)

ダントンの[よく見りゃ男前だな~女がほっとかないだろう
という台詞を聞くたびに(月組1789のDVDを見返すたびに)

t02200314_0480068513317745059[1]

よく見なくても、

信じられないくらい男前だよっ

と、つっこみをいれてしまいます

バスティーユの牢獄からオランプに救出された後、

助けてくれたお礼だ(*´з`)

キスをしますが、

このシーンを見るたびに、妹と
ロナンは遊ぶ金なんて持ってないって言っていたけど、

どう見ても、女性に慣れ過ぎだよね~
地元じゃ、相当いろんな女の人を泣かせてきたよね~
とついつい盛り上がってしまいます。

カフェブレイクで新人公演のロナン・マズリエ役を演じられた
ありちゃん(暁千星様)も、このシーンのロナンについて

どんだけナルシストなんだというニュアンスのことを言ってみえましたが、
確かにそうかも(”^ω^)・・・
と感じる台詞だと思います。

他にも、

アルトワ伯か…敵にとって不足はないな

という不敵な発言や、

フェルゼン伯爵と互角に闘うシーンなど、

本当に第三身分なの?と逆の意味で出自が疑わしい…

また、パリに出てきてからどんどん服装がおしゃれになっていきますが、

あれは印刷工のカツカツの給料のほとんどを服飾費につぎ込んでいるのか、

はたまた、オランプの目にどんどんロナンが魅力的に映るようになった様子を
わかりやすく表現するためなのかということも我が家では議題にあがります。

第三身分の市井の人・ロナンを王子様のようにキラキラと演じられる

真咲さんの力って本当に偉大ですよね。

(もちろん、オランプが身分や立場を超えて愛してしまうロナンなので実際とても魅力的な主人公である訳ですが)

真咲さんや月組さんのことになるとつい熱くなってしまうので、前置きが長くなってしまいましたが、

私が梅芸で1789を観劇したのは
1回のみでその時のロナンは小池徹平様なので小池さんのロナンを拝見した感想を書かせていただきますね。

default_ce5950db01e6002e25601626f2eb5bf4[1]

まず、思ったのが小池ロナンはお顔のみならず、
声の王子様感が何ともいえないです。

素晴らしいのは顔だけではなく、
声までが、まるで声優さん(といっても詳しくないですが)のような
超イケメンボイス( *´艸`)

13099081_114168792317545_900522028_n[1]

あのロナンの男気ある性格とあわせて、
このお顔と声ならオランプも惚れてしまうだろうという説得力がありました。

また小池ロナンは
ロベスピエール・デムーラン・ダントンの革命家3人たちと比べて小柄なため
並んだ時の体格差が結構あり、

20160505134042ab9[1]

第三身分の上の方で、
夜食にパンをかじりながらどちらが多く本を読めるか競争していた
名門ルグラン学院で学んだ弁護士等と

地方出身で食べ物がなくて飢えていた農民のロナンという対比に
リアリティを感じさせました。
※マラーの印刷所で働くロナンの同僚たちも比較的小柄な俳優さんが多い気がしました。

またペイロール伯爵に拷問されるシーンも
ペイロール伯爵役の岡幸二郎様の感情を抑えて粛々と職務を全うしている感じが

2_lesliekee[1]

(宝塚版の星条海斗さんのザ・悪役という演技ももちろん素晴らしかったですが、)

o0400060013594574726[1]

ロナンのような第三身分の者の命など、
なんとも思っていないような冷淡さを醸し出していて、

それがペイロールと小池ロナンとの体格差に加えて、
宝塚版と比べて恐ろしい印象が強かったと感じました。
だからこそ、小池ロナンの仲間を守るため必死で拷問に耐える姿に男気を感じました。

革命家や、王族・貴族の役に長身の俳優さんが多く配せられていたのも、

小柄で少年のように向こう見ずで無鉄砲で情熱的なロナンとの
コントラストが際立ち素晴らしかったなと個人的には思いました。

Wキャストなのに、1回しか観劇できず、
加藤和樹様のロナンがみられなかったことは残念ですが、

小池ロナンもとても素敵でした(*´ω`*)



スポンサーリンク



読んで頂きありがとうございます

人気ブログを見るなら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ にほんブログ村

-さな日記
-,