宝いぬ-宝塚大好き家族がつづる公演レビューブログ

宝塚家族の花・月・雪・星・宙と素敵なものブログ

同性カップルのパートナー認定 宝塚で開始、兵庫県内では初 全国4例目

2016/06/08

 

愛する宝塚市のことがニュースになっていると知りまして、

94684941[1]

神戸新聞様記事より、見出し&以下引用。

宝塚市は1日、性的少数者(LGBT)支援のため、
同性カップルをパートナーとして認める「受領証」を発行する制度を始めた。
同様の制度は全国4例目で、
兵庫県内では初めて。

互いを人生のパートナーとする同性カップルが「宣誓書」を提出すると、
市は受領証を発行する。
対象は20歳以上の市内居住者で、
法的な効力はないが、
市は不動産業者や病院などに夫婦と同様に扱うよう協力を呼び掛ける。
初日に申請はなかった。

また、同市は当事者らを対象にした電話相談をスタート。
女性や子どもへの暴力や虐待防止に取り組むNPO法人女性と子どものエンパワメント関西(宝塚市)に委託した。

相談員は3人で、カウンセリングなどの専門知識がある。
当事者に加え、家族や友人、教員など誰でも利用できる。
田上時子理事長(65)は

「相談者が自分らしく生きるために何が必要か、どんな支援ができるか、寄り添いたい」と話した。

相談は毎週水曜の午後2~6時。
TEL0797・71・2136。
宝塚市人権男女共同参画課
TEL0797・77・9100   (記者:土井秀人様)

私自身はLGBTの当事者ではありませんが、

心と身体の性が異なっていたり、

自分の愛の対象が異性ではなく同性だったりするだけで、
偏見の目を向けられたり、

パートナーとの関係を公にできないのは、
とっても苦しいだろうなというお気持ちは推察できます。

受領書には法的な拘束力はないということですが、

今後、少しずつでもLGBT当事者の方が生きやすい社会になっていくと良いなと思いました。



スポンサーリンク



読んで頂きありがとうございます

人気ブログを見るなら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ にほんブログ村

-さな日記
-