宝いぬ-宝塚大好き家族がつづる公演レビューブログ

宝塚家族の花・月・雪・星・宙と素敵なものブログ

梅芸1789観劇日記その1 妹&祖母はロベピ様に、私はラマール様に夢中

2016/05/29

 

本日は、妹のゆきと祖母の二人が梅田へ1789を観劇にいきました。

妹と祖母の趣味はいろいろと似通っていて食べ物の趣味もかぶりますし、
好きな俳優・タカラジェンヌさんもたいていかぶります。

妹が一番好きなジェンヌさんは明日海りお様ですが、
おそらく祖母が最も好きなジェンヌさんも明日海りお様

takara[1]

祖母は明日海さんをみりおちゃんと呼び。

今日はみりおちゃんミスしないかしら?  

ご飯をちゃんと食べれているのかしら?

お休みはきちんと休めているのかしら?

などと、まるで孫を見るような目線で見守っています

またお互いに一番好きな俳優さんは斎藤工さんです。
セクシーな雰囲気と声が特に好きなポイントらしいです。

斎藤さんはたしかに魅力的だとは思いますが、

実は弟に顔立ちが割と似ているため、
(ぱっちりとした目・分厚めの唇・ちょっと毛深いところ等)

どうしても弟にみえてしまって私としてはそれほどトキメキを感じません。
(斎藤工さん・ファンの方申しわけありません・・・)

特に、最近買ったこの雑誌の

image1 (2)

こちらのお写真が

image1

image1 (1)

ちょっと笑えてしまう程、弟にそっくりで、

いつもは斎藤工さんとお兄ちゃんは

月とスッポンぐらい違うよ!という妹も

確かに一瞬、お兄ちゃんに似てるかも・・・

ドラえもんに出てくる秘密道具のきこりの泉にお兄ちゃんを1000回くらい落とせば、

斎藤工さんがもらえるかも・・・

といっておりました。

ちなみにドラえもんのきこりの泉とは

イソップ寓話の金の斧を元にした秘密道具で

女神様ロボットの質問に正直に答えれば、
落とした物をグレードアップした物がもらえる(落としたものは没収される)が、
正直に答えなければ何ももらえないというもので、

ジャイアンを一度、泉に落とすと

20100415002501[1]

e5a5ce3a_1363427628827[1]

012[1]

体型はそのままに、
顔だけがきれいになったジャイアンがもらえるというエピソードのものです。

※弟は一人暮らしで毎日外食ばかりのせいで、ちょっと太り気味なのです・・・

話がだいぶ脱線してしまいましたが、
妹も祖母も無類のイケメン好き

なので、今回に1789観劇後には、

きっとロナン役の加藤和樹さんか、

S_AAA0128[1]

ロベスピエール役の古川雄大さんか、

20160430_2003514[1]

フェルゼン役の広瀬友祐さんあたりが

o0197025913594576642[1]

すごくかっこよかった(*´з`)といいながら帰ってくるんだろうな~
と予想していましたが、
(他にもたくさんのイケメンがご出演されていますが、
長年の付き合いから祖母と妹が特に惹かれるのは
この3名のうちのどなたかだと予想してみました。)

案の定、ロベピ様、素敵過ぎた~
はしゃぎながら帰ってまいりました。

ちなみに顔だちの綺麗さと同様に、

カーテンコールでのクールな素振りが、りお様にちょっと似ていて

そこが妹的には特に魅力的に感じたようです。

また妹はDVDで観た1789のアルトワ役で美弥るりか様のファンになり、
1789では、『私は神だ』が1番好きな曲だそうなので、
アルトワ様(吉野圭吾さん)の生歌が聴けたことにも大感激していました。

普段、宝塚ばっかり観てるけど、
たまには男性のイケメンがいっぱい出てくるミュージカルも素敵ね~

と祖母もとっても満足できたみたいです。

ちなみに、私が梅芸1789を観劇して一番惹かれた男性キャストは、

ラマール様役の坂本健児さんです。

2063068_201511300463215001448859078c[1]

初登場時のテントウムシ姿の女装?のインパクト

トゥルヌマン・ロワゼルとの秘密警察3人組のおとぼけぶりのかわいらしさ

そして、そんなお姿からは想像できないような
素敵な歌声に思わずきゅんきゅんしてしまいました(#^^#)

坂本さんは声が反則的なかっこよさなんですよね~(*´ω`*)

2番目がダントン役の上原理生さん

1148568_150[1]

実は、ダントンっていう役自体がかなり好きで
宝塚版の沙央くらまさんの演技も大好きです。

というか史実のダントンも味があってとても素敵な人物だと思っています。

ダントンの豪快さがよく表現されていたのも素敵でしたし、
上原さんの低めで渋めの声もとてもセクシーで素晴らしいと思っております。

ちなみに、祖母と妹が観劇した回の役替わりは、
オランプは夢咲ねねさんで私の観劇した回と同じでしたが、

ロナン役は前述の加藤和樹さん。

マリー・アントワネット役は凰稀かなめさんでした。

peo1604080830001-p2[1]

凰稀さんの声がとってもかわいらしく女性的だったのが心に残ったらしく、
すごくきれいだったよと聞き、

真咲さんの退団のことがついつい、頭に浮かんでしまいました。

もちろん、真咲さんがとてもかわいらしく、美しいのは周知の事実で、
オスカル役やスカーレット・オハラ役で女性の役も披露されてますし、
妖精のパック役もとても愛くるしかったのです。

そして、宝塚退団後も舞台女優さんとして末永くご活躍してくださると思いますが、
男役のお姿がみることができるのは、

201602230040_ex[1]

あと一作・月組公演 『NOBUNAGA<信長> -下天の夢-』『Forever LOVE!!』
を残すのみとなってしまいました。

もちろん退団後もずっとファンを続けさせていただきますが、
改めて、その事実に愕然とし、一回一回の公演を大切に全力で観劇していこうという決意を新たにしました。



スポンサーリンク



読んで頂きありがとうございます

人気ブログを見るなら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ にほんブログ村

-さな日記
-,