宝いぬ-宝塚大好き家族がつづる公演レビューブログ

宝塚家族の花・月・雪・星・宙と素敵なものブログ

水曜日の劇場でのタカラジェンヌさんとの遭遇率&オフでも男役さんのイケメン度は半端ではありませんね

 

5月25日(水)に1789を梅田劇場にて観劇して参りました。

とても期待していましたが、その期待以上にキャストの皆さまがとっても素晴らしく大変感激したのですが、

今回は観劇記録に入る前に2日前のブログにとてもステキなことがあったと書かせていただきましたが、
そのステキなことが何だったのか書かせていただこうと思います。

d06f429b[1]

私は水曜日定休のお仕事をしていて、ムラ派(宝塚大劇場観劇派)の宝塚ファンなので、
1週間のお休みのうち観劇しようと思っても午前の部と午後の部の2回までしか観劇できません。

宝塚ファンになったばかりの当初は、すごく不都合だなと感じていました。
でも、気が付いてしまったんです。

水曜日定休のムラ派の宝塚ファンは、

ジェンヌさんとの遭遇率が半端なく高いということを!!

観劇が趣味のため宝塚以外の舞台もたまに観にいくのですが、
(といっても観劇の8~9割が宝塚関係ですが・・・)
水曜日が定休のため、
火曜日または木曜日にお休みをいただくことが多いのです。

宝塚のチケットも土曜日、日曜日、祝日は取るのが難しいと思いますが、
火曜日と木曜日は一週間のうちでもかなりチケットが取りやすい曜日だなという実感があります。
それもメリットといえるかもしれません。

ちょっと話がそれてしまいましたが、
実は私は今まで結構な頻度で劇場でジェンヌさんに遭遇しているのですよ( *´艸`)

例えば、直近だと舞音で、

明日海りお様と花乃まりあ様のみりかのコンビ
※舞台上の龍真咲様とあわせて、まさみりコンビも拝見できました。

同じく、舞音で、
早霧せいな様と咲妃みゆ様のちぎみゆコンビ
この時は2階席だったので、
拍手の音で、ジェンヌさん見えてるんだ~どなただろう?と思い

トイレに並んだときの

ちぎみゆはやっぱり熱いわ(*´з`)

というお話が聞こえてきて、お二人がいらっしゃったんだなと知りました。

また、龍真咲様の初コンサートのドラゴンナイトは同日に2回観劇をしたのですが、

午前の部では、星組の七海ひろき様と壱城あずさ様が仲良くご観劇されているお姿も拝見できました。
(ちょうど後ろの席にいらっしゃいました。)

また、この時はたそ(天真みちる様)のタンバリン芸も生で見ることができました。
マイタンバリンを持ち歩いてみえるそうです( *´艸`)
今思えば、ゴールデンジャズの伏線だったのかもしれないですね。

午後の部はDVD収録だったので、DVDご購入の方はご存じのようにA-EN組がみえていて
真咲さんの力によって乙女のように恥じらうかわいらしい、あーさ(朝美絢様)の姿もみえました(^^♪
※voice は一回しか観劇できませんでしたがこの時もDVD収録の日でした。

また、ここから書くのは、なんの公演だったかちょっと記憶があいまいなのですが、
たしかLove & Dream ?で真風涼帆様を筆頭に宙組さん多数。

王家に捧ぐ歌?で星組さん多数、ふうちゃん(妃海風様)の後姿と十輝いりす様がゆったりと歩かれているところを目撃しました。

また羽立光来様と仙名彩世様の94期コンビもたしかドラゴンナイト?でお姿をみかけました。

また中山優馬さん主演舞台のドリアングレイの肖像でも男役さん二人の姿をお見掛けしました。

結構な確立でジェンヌさんをお見掛けするので、水曜日だし1789でもおみかけすることができるかもと

わくわくしながら、梅芸に向かっていったところ、

明らかに一般人とは頭身が違う金髪の短髪の長身美女とすれ違いこれは期待できるな(*^^)vと思っていたら、

花組さんが劇場内のいたるところにいらっしゃって、とてもテンションがあがりました。

翌日に父とミーマイを見に行ったので余計にうれしかったです。

私は1階席の一番端の席に座っていたのですが、梅芸はとてもみやすい構造になっているんだなと非常に感心しました。

素晴らしいキャストの歌声・演技・ダンスに引き込まれているうちに
あっという間に第1幕が終わり第2幕が始まりました

その時、はたと気が付いたのです。

もしかして、この前に座っていらっしゃるイケメンは実は男性ではなく

男役の〇〇様じゃないかということを!!

開演ぎりぎりに入ってみえた時に、

ものすごくおしゃれな方だな?

水曜日休みだから美容師さんとかアパレル関係のお仕事なのかな?

細いし、お顔がとても小さいし、この人の彼女さんも相当な綺麗だろうな?

おひとりでミュージカルを観劇されるなんて、(自分もですが・・・)かなりミュージカルお好きなんだな?

と勝手に下世話な推測をしていたのですが、
開演と同時に舞台に集中していたので、
もちろん前の席の方にはそれ以降まったく
注目していなかったのですが、

もしかして、あの男役さんかもと思うとドキドキしてしまいました。

2幕からは舞台に完全に集中しようと思っても、ちょっと難しかったです(#^^#)

そして仕草からこの方はやはり女性だ!
しかもかなり上品な感じの人だということがわかり、

終演後、後ろを振り向かれた時に

やはり私の思った通り、男役の〇〇様だということがわかりました。

いやー(*´ω`*)オフ?のお姿もファンのイメージをまったく裏切らないところが
さすがですね。と、とても感動してしましました。

私の横の方もその男役さんの隣の方も宝塚ファンではなかったようなので
全く気が付いた様子はありませんでした。

完全にイケメンに見えました。

(よく見ると仕草がとてもかわいらしかったのですが("^ω^)・・・)

終演後はカーテンコールを最後まで待たず飛ぶように出ていかれましたが、

もしかして、私がパンフレットを入れたり、オペラグラスや飲み物を入れるのに

宝塚の公演バックを使っていたので、

後ろにヅカオタがいる

と、危機感?を感じさせてしまったのかもしれません。
そうだとしたら、申しわけないことをしてしまったなと思います。

もちろんファンとスターさんの間には隔たりがありますし、

私はタカラジェンヌさんに声をかけたりとかご迷惑なことは絶対しませんが、
(というかできませんが)

スター故にいやな思いをされることもままあると思うので、
スターさんは大変だなと思いました。

とりあえず、次からは水曜日に宝塚以外の舞台を見に行くときに
宝塚の公演バックが丈夫で使い勝手がいいからと言ってむやみに使用するのは

もしかしたら、タカラジェンヌさんに恐怖感?を与えてしまうかもしれないので、
ひかえようと思いました。

素晴らしい舞台がみれたことに加えて、

完全にイケメンに擬態した男役さんの完璧なお姿を真近で見ることができ

とても幸せでした。

1789とミーマイの感想も書きたかったですが、

気が付いたらもうこんな時間なので、もう寝ます。

また明日以降に幸せな思い出にひたりながら、マイペースに書いていきたいです☆彡

それでは、おやすみなさい。

image1 (11)

※過去に劇場でおみかけしたジェンヌさんのお名前はあげましたが、
今回、前の席にいらっしゃったジェンヌさんの名前は絶対このブログには書きませんし、もちろん他言もしません。
仕草がとてもかわいらしいと書いてしまったので、もしかしたらイメージを傷つけてしまうかもと思ったので、
ご本人にもファンの方にもご迷惑はかけたくありませんので、悪しからず。



スポンサーリンク



読んで頂きありがとうございます

人気ブログを見るなら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ にほんブログ村

-さな日記
-