宝いぬ-宝塚大好き家族がつづる公演レビューブログ

宝塚家族の花・月・雪・星・宙と素敵なものブログ

レジェンドにして新進気鋭なスターさんとご贔屓が一緒だった件

 

なんということでしょう!!
名古屋場所にハリウッドスター?藤井四段来場で沸く

公式戦29連勝の新記録を樹立した将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(14)が12日、愛知県体育館で開催中の大相撲名古屋場所4日目を観戦した。

天才中学生が升席に座ると、観客が詰め掛け、握手や写真撮影を求める人が続出した。

館内の「藤井フィーバー」に力士からは「ハリウッドスターが来たのかと…」との声も。打ち出し後は横綱白鵬と初対面し、勝負の気迫を学んだ。

 午後4時すぎ、中入り後の最初の一番、千代丸と佐田の海の取組直前。

藤井四段が師匠の杉本七段とともに現れた。

ざわつく館内。向正面の升席に座ると相撲ファンが殺到した。

「藤井くん~」のコールが飛び、記念撮影する人、握手を求める人…。

 “大騒動”に花道にいた豪風は「ハリウッドスターが来たのかと思った」と驚いた。

NHKの藤井康生アナウンサーは「この相撲をじっくり見ているお客様はほとんどいなかったような状況です」と実況した。

土俵の上の塩をつかもうとしていた千代丸は「ざわついていましたね。だれが来たのかと…」と振り返った。

 中入り後から結びまで約2時間、升席から立ち合い、間合いを食い入るように見つめた。

「気迫のぶつかり合いを生で体感して、自分もあれぐらいの気迫で盤面に向かっていかなければと思った」。

14歳は狭い盤面とはまた違った勝負の世界を堪能した。

 楽しみにしていたのは横綱白鵬との対面。

打ち出し後に対面した藤井は「第一声でかわいいねと言われました(笑い)。

気さくに声をかけていただいて、うれしいです」とはにかんだ。

「つたない字ですが…」と謙遜しながら「達心志」の揮毫(きごう)入りの扇子(非売品)をプレゼントした。

 白鵬の取組を間近で見て「激しい突っ張り合いの後に、にらみあうようなシーンが印象的でした。横綱の力の違いを感じました」と強い横綱への憧れを口にした。

 小学校の卒業文集には「30歳までに将棋界の横綱になりたい」と書いた。

昨年2月に亡くなった祖父が大相撲が大好きだった。祖父の影響を受け、時間のあるときはテレビ観戦する。この日は2度目の生観戦だった。

 白鵬は歴代2位の63連勝、大鵬の持つ最多優勝記録を更新するなど史上1位の記録を持つ。

「白鵬関のように堂々とした勝負ができるようにがんばりたい」

1週間後の19日、15歳の誕生日を迎える天才中学生が、気持ちも新たに「横綱」を目指す。    

【上記:日刊スポーツ松浦隆司記者の記事より】

宇良「注目」に感激!藤井四段の来場に力士も騒然

自身のファンを公言する藤井四段の前で勝利した宇良は「柔らかい相撲には僕も注目しています」という言葉を伝え聞き「あの時の人にそんなこと言われたらうれしいですね」と感激。

将棋好きを告白し「実はずっと棒銀の練習をしてた。穴熊もかじり立てのをやっていた。藤井四段の棋譜を見たこともあるけど分からなかったです」と苦笑いした。

【上記:スポーツ報知記事より】

祖母から始まり妹も私も家族全員が気が付けば、愛知県の宝・藤井四段の大ファンになっていたので、昨日名古屋場所みていた人たち羨ましいね~という話題で持ち切り。

月城かなと様がお相撲をみていたというニュースに触発されたことにより、

お相撲ファンの父をはじめとする家族と一緒に昨年はじめて大相撲名古屋場所で生観戦しましたが、力士の皆さまの気迫がすごくてパワーをもらえました。

やはり、テレビより生観戦が良いわ。宝塚と一緒だね♪

昨年はそんな素敵な夏の思い出があるのですが、その際にご贔屓力士が誕生しました。

その力士が藤井聡太四段のご贔屓でもある宇良和輝さん!

(妹がお名前がうららちゃんみたいでかわいいと言っていました。)

私が観戦した際にも見事に勝利したのですが、

どちらかと言えば小柄だけど、多彩な技を繰り出す器用さで、パワフルかつ知的なお相撲をする方だなと大注目しています。

B型なところも好き。

宇良に魅了され、その時につけていたまわしの色と同じ桃色のハンカチを購入しました。

実力派若手スターさんなので、公式グッズも発売されています。

ここも宝塚と一緒だね☆彡

藤井四段とご贔屓力士が一緒でなんだかとても嬉しいです♪



スポンサーリンク



読んで頂きありがとうございます

人気ブログを見るなら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ にほんブログ村

-さな日記
-