宝いぬ-宝塚大好き家族がつづる公演レビューブログ

宝塚家族の花・月・雪・星・宙と素敵なものブログ

黒ききちゃんと白ちーちゃん  ☆邪馬台国の風感想:ネタバレ注意

 

前回の花組さんの大劇場公演では役柄的に

主人公よりの白ききちゃん(芹香斗亜さん)と敵役の黒ちーちゃん(鳳月杏さん)でしたが、

邪馬台国の風では反対で

黒ききちゃんと白ちーちゃんでした。

※このお写真だとビジュアル的には白ききちゃんと黒ちーちゃんだけどね・・・

ここまで書いてみて、

なんか

リサとガスパール

とか

ドキンちゃんとコキンちゃん

とか

アランジアロンゾの白うさぎと黒うさぎ

みたいで、

黒ききちゃん白ちーちゃんとか

超可愛すぎな響きじゃないか(●´ω`●)最高♪って思ってしまいました。

ところで話が全然変わるんですが、記憶違いではなければ

前回のカフェブレイクでたしかちーちゃん(鳳月杏さん)が自分を動物に例えたらラッコと言っていて、

色気ある舞台姿とはギャップのあるおっとりした雰囲気を醸し出しているので、たしかにラッコみたいにゆったりぷかぷかしてそう(*´ω`*)と思って癒されたのですが、

ラジオで野生のラッコは流されないように海藻等で自分の身体をしばるんだけれど、水族館のラッコは仲間のラッコと手をつなぐという、本当だったら罪なかわいさな豆知識が放送されていて、

ラッコの扮装をしたちーちゃんとききちゃんが手をつないでいるシーンが勝手に頭に浮かびました。

素化粧だとそれほど似てはいないけど舞台化粧だときょうだいみたいに似ているもんね。

タカラジェンヌさんは結構着ぐるみとか着ていることも多いイメージなので、お二人にラッコの着ぐるみをきてほしいなぁとどうしようもないことを思ったりもしました。

邪馬台国の風ではききちゃんはマギーさん(星条海斗さん)が統治する国・狗奴国の将クコチヒコを演じられ、

ちーちゃんは邪馬台国の兵長アシラを演じられるのですが、

やはりお二人は似ているので、ちーちゃんが兵長アシラとして登場された時に

実は邪馬台国側の人間のふりをしているけれど、

正体はききちゃん演じる国狗奴国の将クコチヒコの兄弟とかなんじゃないのかな?と思ってひやひやしながら観ていましたが、

実は二人が生き別れた兄弟だったとかいうオチはなかったし、ちーちゃんは最後まで良い人(みりおさん演じるタケヒコの味方)だったので、安心しましたがちょっとだけガッカリしたりもしました。

いつか舞台で兄弟役を演じてほしいというのがひそかな願いです。

ききちゃんは白いイメージの役が似合うし、実際そういう役を演じられることが多いので本格的な黒ききちゃんはどうだろうか?と思っていたのですが、すごく似合っていてかっこよかったです。

役柄にあわせてか、声もいつもより漢らしい低い声で、素敵でした。

みりおさん(明日海りおさん)は顏に似合わず低い声で、瀬戸かずやさんも漢らしさ満載な低音ボイスの持ち主ですが、花組の男役さん光ちゃん(柚香光さん)等、わりとかわいい声の持ち主が多いイメージだったのですが、今回は皆さんの発声が力強く努力されたんだなというのがすごく伝わってきました。

専科のお二人のご指導もあったのだろうな。
喉を傷めないよう東京の千秋楽まで乗り切ってほしいです。

ただ、ききちゃん演じるクコチヒコは、

敵役ではあるが悪役ではない

と思うので、

※クコチヒコは彼なりの正義を信じて邪馬台国と闘っている人物だと思うのと

勝てば官軍という言葉があるようになにが正義とかは一概にはいえないと思うのことや、

李淵(組長の高翔みず希さん:スゴツヨ過ぎるスーパーおじいちゃん:みりお様のお師匠さん)を自国連れて帰るよう命令を受け、激しい抵抗を受けそれにより殺めてしまうのですが、その時ちょっとショックを受けたような吃驚したような表情をしていたようにみえたのが、印象に残りました。舞台は日々進化しているので今はどんな感じなのかはわかりませんが。

やっぱりききちゃんは典型的な良い人顏過ぎて、本格的な悪役姿が(宝塚の舞台で真の悪人というのはほとんどないかもしれないけれど)想像つかないな~という感想を持ちました。

雪組の彩風咲奈さんや月組のありちゃん(暁千星さん)も似たようなタイプのジェンヌさんかなと個人的には思っています。

強いて言うならば

邪馬台国の風という作品において、

敵役は敵対国チームのマギーさんやききちゃんだけど

悪役は奴王ヨリヒク(瀬戸かずやさん)やアケヒ(花野じゅりあさん)やカヌハ(梅咲衣舞さん)等が相当するのだろうなと思います。
敵役より悪役たち?のほうが卑弥呼様に近いポジションにいるというわけです。

トップに立つ人って本当に大変だな。

悪役のアケヒたちの気持ちもわからなくもないので、
許してやったらどうや?と吉本新喜劇の茂造おじいちゃん風に言ってみたい衝動にもちょっぴりだけ駆られますが。

次回は邪馬台国の風の悪役たち?について書いてみようかなと思っています。



スポンサーリンク



読んで頂きありがとうございます

人気ブログを見るなら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ にほんブログ村

-さな日記
-