宝いぬ-宝塚大好き家族がつづる公演レビューブログ

宝塚家族の花・月・雪・星・宙と素敵なものブログ

6月2日花組さんの『邪馬台国の風』『Santé!!~最高級ワインをあなたに~』初日観劇

 

みりゆきの大劇場お披露目公演初日を観劇してきたのでまずは簡潔に私なりの感想を書いておきます。

念のため、まだ観ていない方はネタばれ注意です。

『邪馬台国の風』

中村暁先生はショーの先生のイメージが強いのですが、『邪馬台国の風』もお芝居でありながら、お芝居つきのショーをみているような気分になりました。

役自体は多くないけど、男役さんのワイルドな群舞と娘役さんの可憐な群舞が2階席からみるととっても美しかったです。

卑弥呼様という日本史のレジェンドの中のレジェンドな偉大で一般人とはかけ離れた女性が題材ということですが、意外とその気持ちに共感できる面もあり男は敷居を跨げば七人の敵ありという諺がありますが、社会の中で才能に恵まれ抜擢される女性の場合は時に男性以上に僻まれたり孤立したりすることも多そうだし男性以上に敵がいるかもと思うのでゆきちゃん演じる卑弥呼様の孤独と重圧が痛いほどわかる人はたくさんいるだろうなとか、女の嫉妬より男の嫉妬のほうが厄介だよな~と思ったりしました。

おじいさんの姿なのに、さおり組長(高翔みず希さん)がすごつよで最強としか言いようがなく、つよいという言葉では言い表せれない戦闘力なのとそんなさおり組長の元で修行に励む明日海りおさんが大層かわいらしく萌えです。

みずら姿を期待しましたが、全員がRPGゲームに出てきそうな秀麗なルックスでさすが宝塚でした。

とくにマイティ(水美舞斗さん)は言葉を話すことができないけれど、それ故に一番最後の台詞がとても印象的で魅力的なお役です。動きがキレキレで身体能力の高さもかっこよかったです。美貌・実力・人気・華の全てがそろっていると思うので今後さらに活躍されるといいなと思います。

歌で一番印象的なのは、卑弥呼様が帳の中に男をひきいれた~♪ソングです。耳について離れない。

昔も今もアイドル(崇拝の対象人物)は大変だなと思いました。

一生分の卑弥呼様という言葉をきけた満足感がありますが月組の信長~下天の夢のお屋形様~というのと同じ調子の卑弥呼様~というのは聞けなかったのが少しさみしかったです。リーダー的存在でもやはり、武将と巫女は違うもんね。

みりおさんの巫女姿の女装をパンフレットを読んだ時に期待しましたが、残念ながら劇での女装?はありませんでした。

『Santé!!~最高級ワインをあなたに~』

『Santé!!~最高級ワインをあなたに~』はさすが藤井大介先生という華やかで楽しいショーでした。

ききちゃん(芹香斗亜さん)・光ちゃん(柚香光さん)・あきらさん(瀬戸かずやさん)・ちーちゃん(鳳月杏さん)・マィティ(水美舞斗さん)の真咲さんの退団公演を彷彿とさせるエリマキトカゲ風お衣裳の女装?姿から始まるのですが、みんな美人でかわいいのです。特に光ちゃんの美貌とあきらさんの意外なほどの可愛らしさが印象的でした。

みりおさんも別の場面で華やかな黒いお衣裳で女装?をするのですが、かわいらしいルックスなのになぜだかあまり女装が似合っておらず、不思議でしたが、神(キリスト)を演じた場面のほうが鬘のせいか女性らしい感じがしました。

エリマキトカゲ風衣装や専科のお二人の重要場面の美穂さんの歌、黒燕尾での赤薔薇など龍真咲さんの『Forever LOVE!!』との共通点が多く、まさみりファンなら胸が熱くなるしとっても感動すると思います。

このショーを観ておもったのは大介先生はまさみりが大好きなんだな~ということです。

ダイスケ、まさみり、ダイスキ~

(ぽにょ、そうすけ、スキ~のニュアンスです。)

ショーの序盤でワインボトルをキャッチするのに失敗したり、男役さんばかりでハットをかっこよくかぶりながら踊るシーンで柚香光ちゃんの帽子がふとしたはずみでちょっとだけ遠いところに飛んでしまうハプニングがありましたが、場面の終わりでとてもかっこよく帽子をかぶって回収する姿に、大変痺れました。

光ちゃんって見れば見るほどクセになってはまってしまう危険なジェンヌさんだなと、ハプニングすら愛おしい・・・

みりおさんが神になる場面で、天使ちゃんの翼をもぐ残虐なシーンがあるのですが、実際はとてもおっとりしてるのに、そんな役が似合ってしまうのもステキだよねー(/ω\)

★みりゆきコンビの長年連れ添っている感がすごい

それぞれ素晴らしい作品に恵まれ異なる輝きをはなってきた、みりらん&みりかのコンビがあってのいまの明日海りおさん&仙名彩世さんのみりゆきコンビなのですが、昨日がゆきちゃんの大劇場お披露目初日だと信じられないほど、安定した雰囲気でした。3年くらいずっと組んでたって言われても違和感は感じないと思います。

おそらくすさまじいプレッシャーだと思うのですが、ゆきちゃんの姿からは緊張はほとんど見て取れなくてさすが研10年の実績!
真ん中が似合っていて、改めて本当にトップ娘役さんになるべくしてなった人だったんだな。
存在感と安心感の大きさに原石ではなく磨き上げられたダイヤモンドのような娘役さんだなと感動しました。

みりゆき双方の大ファンの妹にはやく舞台を見せてあげたいなと思いました。

みりおさんの挨拶が相変わらずほわほわだけど上手くなっている

日々舞台を前日より一層素晴らしいものにしていくという抱負を語る際に、

今日より明日、明日より今日・・・というふうに戻ってしまっていたのに、ん?今日より明日、明日より明後日、明後日より明々後日ですねと言い直しているところが、可愛すぎてこのほわほわ挨拶があってこその花組観劇した感だよな~と癒されました。
アンコールでの湿度が高くムシムシ暑くなってきているので、暑いと感じた時は邪馬台国の風に吹かれに宝塚大劇場まで足をお運びくださいという表現が素敵で、きっと推敲に推敲を重ね一生懸命考えたんだろうな~とまたしても癒されました。

★美穂圭子さん&星条海斗さんの専科パワー

頼もしいお姉さまとお兄さま?の存在感。劇では美穂圭子さんは最初のほうにしか出てこなくてさみしいというかもったいない気がしたのですが、ショーではお二人とも大活躍。

美穂圭子さん&星条海斗さんの悲恋仕立ての場面の歌声が特に圧巻で短い時間なのに超大作の映画をみたような満足感があります。

こころなしか、花組さんのコーラスが格上げされていたのが美穂さんパワーで、男役さんの低音ボイスと漢らしさがUPしていたのがマギーさんパワーのおかげかなと思いました。

専科さんは偉大です。

かちゃ様にもいろいろな組のたくさんの舞台に出てほしいです。

★音くり寿さんの歌唱力とかわいさが半端ではない

小柄で愛くるしいルックスと正統派美声とパワフルな歌唱力に持ち主のくり寿ちゃんの存在感が劇でもショーでもかなり強くて、確実に次期トップ娘役さん候補だなと思いました。
このままいけば、ききちゃんの相手役さんになるのだろうなという活躍ぶりです。
ふたりともかわいらしくて良い人そうな優しい雰囲気で白い役が似合うし、身長差コンビ、きゅんとしますね。
ききちゃんがトップになると光ちゃんが悪役・敵役のブラック光ちゃんになってばかりになりそうなイメージです。光ちゃんもみりおさんがつっこみ役に回れる数少ない?ジェンヌらしいし普段の話し方も柔らかいので素顔は相当おっとりしてそうなのにルックスからして黒い役とか耽美な役が似合うのが素敵です。

★ショーのたそさん(天真みちるさん)が超かっこよくておののいた!

私的、結婚したい役ナンバー1・金色の砂漠のゴラーズさんを演じた・たそさんですが、ショーでのかっこよさにびっくりしました。可愛くてお茶目なイメージだったのに意外な色気にドキッとした。
ゴラーズパワーですかね( *´艸`)
男役さん、こわいわ~(●´ω`●)

もっと書きたいことはありますが、

長くなりましたので今日はこれでおしまい。

続く予定です・・・



スポンサーリンク



読んで頂きありがとうございます

人気ブログを見るなら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ にほんブログ村

-さな日記
-,