宝いぬ-宝塚大好き家族がつづる公演レビューブログ

宝塚家族の花・月・雪・星・宙と素敵なものブログ

かのちゃん(花乃まりあ様)素敵な舞台をありがとうございました!そしてゆきちゃん(仙名彩世様)トップ娘役就任おめでとうございます!

 

かのちゃん宝塚歌劇団ご退団おめでとうございます。

雪華抄・金色の砂漠の千秋楽&かのちゃんのさよならショーは妹と映画館でみたいと思っていたのですが結局ライブビューイングのチケットが取れず、よって観劇も断念したので、実はまだ退団されたんだなという実感がありません。

激しく憎しみながらもギィを愛するタルハーミネ役はおそらく最後の最後で今までで一番の難役だったのではないかなと思いますが、気位の高い王女の気迫ある演技は今までかのちゃんが演じられた役の中で私は一番好きです。

かのちゃんが花組のトップ娘役さんになってからの大劇場公演舞台は全部1回ずつ観れていて、中日劇場のアーネストインラブは2回、仮面のロマネスクも静岡で観劇できましたが、娘役さんとしてやりがいがあるだろうなというお役が多くて、

雪華抄も本当に綺麗で日本の美を感じられる素敵な演目での宝塚ご卒業で本当によかったなと思いますが、この演目を終えてさらに成長されたかのちゃんの演技が宝塚ではもうみることができないと思うとさみしい気持ちもあります

舞台女優さんとして今後も活躍されたり、テレビや映画に出演されるなら綾瀬はるかさんと是非共演する機会があればいいなと願っております。

身長も1㎝しかかわらないみたいなので、そっくりなお二人に是非並んでみてほしい・・・

金色の砂漠は天に召されてようやく自分たちの気持ちに素直になれた二人のキスシーンが本当に好き。

階段を交互に昇っていくところもギィとタルハーミネの負けず嫌いな性格があらわれていてかわいい。

↑※妹の部屋の一部

みりお様ファンの妹なので、ライブビューイングをみれないことに大変ショックを受けていたので、雪華抄・金色の砂漠のブルーレイは予約して購入しました。

パッケージの裏がみりかので粋な計らいがとても素敵なんですよ~

ブルーレイで金色の砂漠は途中(タルハーミネがギィにせまられる直前の場面)までみて、宝塚の初日の1回しかみていない私なので、タルハーミネは気位が高くわがままで子供に対する母性が欠けた少し無責任な女性という認識だったのですが、確かにそうかもしれないけど古代の大国の第一王女としてタルハーミネなりに一生懸命覚悟を持って生きていたんじゃないかなと感じることができました。

アムダリア様を子供なりにいたわる姿にあらためて優しい面もあるじゃんと思ったり、

きっとアムダリア様の姿をみて王族とはいえ古代を生きる女性だからこそ、自分の力だけでは、ままならないか弱い境遇に女性として第一王女として生まれてしまった自分の宿命や限界を子供なりに感じていたのではないかなと思ったり、

タルハーミネの実の母(後宮の女性)は出産の際に死んでしまったらしいということを受けて、本来出産は命がけなんだよなと思ったり、

そうして生を受けた彼女が自分の子をかまわず、金色の砂漠へ旅立ったということの重さを考えたり、

第二王女・ビルマーヤと第三王女・シャラデハとは母親違いの半血の姉妹だから、きっと幼少期から胸中複雑な面もあったんだろうなと思ったり、
(※三姉妹とも母親はちがうような気がする・・・妹の母(後宮の女性)がタルハーミネの母とは違い健在なら政治的な面でもアムダリア様がいるとはいえ第一王女とはいえ気が抜けないかもと思う。)

だからこそ年齢の近い妹二人よりずっとそばにいるギィに心を許して一緒に遊んだり、夜中に目覚めた時に心の内を明かしたりしていたのかもと思ったり、

※柚香光様のカフェブレイクを録画ミスによってみれなかったのが、私としたことが・・・という感じでした。

古代の王族だから仕方ないけれどプロポーズしてきたテオドロスに政治的な利権の香りしかしなくて、ああいうそっけない返事をしたのは彼女なりの精一杯の抵抗だったのかなと思ったりもしました。

こうしてみると、タルハーミネも人として結構健気で?かわいい面もあるじゃないかと思えてきました。

もちろん、これらはすべてかのちゃんの細やかな演技のおかげですが・・・

ブルーレイと宝塚初日観劇の記憶で一番違うなと思ったのは、

幼少時代のタルハーミネのナルギス先生こんにちはの言い方。

ブルーレイのほうが、本当に算術大嫌いなんだなというのと子供の時から勝気で過激な父親譲りの人物像がよくあらわれていて、舞台は日々進化しているのだなと感動しました。

金色の砂漠は見返すたびに新たな発見がありそうな作品だと思うのでみりかのが恋しくなったら何度も見返そうと思います。

そして今日2017年2月6日はゆきちゃん(仙名彩世様)の花組トップ娘役就任記念日です。

みりゆきも素敵なコンビになるのは目に見えていますが、お二人にぴったりな素敵な演目(できれば新作)がたくさんみれるといいなと思います。

正統派かわいいゆきちゃんも大好きですが、私はゆきちゃんの老け役の演技と声がかなり好きなので、

ベルンハルト・シュリンクの朗読者
(明るくないし宝塚らしくないけど、美しい物語だと思います。)

とか

リチャード・マシスンのある日どこかで

(こちらは天海祐希様がバウホールで主演されて紅ゆずる様も演じてみたい作品らしいです。紅あいりにもぴったりだしできれば紅あいりで演じてほしいけど、みりゆきにもすごく似合いそうな作品だなと思う。)

などがみてみたいなとひそかに思っています。

ちなみに、ゆきちゃんファンの妹はゆきちゃんには宝塚の娘役さんらしいかわいいお衣裳をたくさん着てほしいらしいです。

みりゆきのこれからがすごく楽しみです。


スポンサーリンク



読んで頂きありがとうございます

人気ブログを見るなら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ にほんブログ村

-さな日記
-,