宝いぬ-宝塚大好き家族がつづる公演レビューブログ

宝塚家族の花・月・雪・星・宙と素敵なものブログ

みりおん(実咲凜音様) 『エリザベート』後も2作はされますね。(#^^#)

2016/05/22

 

帰りの電車で何気なく宝塚のHPをみたら、
とっても嬉しいニュースが(●´ω`●)

image1 (1)

以下、宝塚歌劇団公式HP様よりまるっと引用させていただきます。

2016年 公演ラインアップ
【宝塚バウホール、KAAT神奈川芸術劇場】
<11月~12月・宙組『双頭の鷲』>

5月20日(金)、
2016年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、
【宝塚バウホール】【KAAT神奈川芸術劇場】公演の
上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。   

宙組

■主演・・・(専科)轟 悠 (宙組)実咲 凜音

◆宝塚バウホール:2016年11月22日(火)~12月3日(土)
一般前売:2016年10月22日(土)
座席料金:全席6,300円

◆KAAT神奈川芸術劇場:2016年12月9日(金)~12月15日(木)
一般前売:2016年10月30日(日)
座席料金:S席7,800円、A席5,000円

Musical
『双頭の鷲』~ジャン・コクトー「双頭の鷲」 より~
原作/ “L’AIGLE A DEUX TETES” by Jean COCTEAU
著作権代理/(株)フランス著作権事務所
脚本・演出/植田 景子

あらゆる芸術分野で多大な功績を遺したフランスの天才芸術家ジャン・コクトーが、
ハプスブルク家皇妃エリザベート暗殺事件に着想を得て1946年に書き上げた戯曲
であり、自らの手で映画化も果たした「双頭の鷲」。

今なお演劇作品として世界中で高い人気を誇るこの作品を
ミュージカルとして再構築し、
コクトーの生きた時代の空気を漂わせながら、独自の世界観で描き出します。

婚礼の夜に暗殺された国王の十年目の命日、
古城で一人、亡き夫を偲ぶ晩餐を始めようとしていた王妃のもとへ、
窓から王の肖像画に生き写しの男が飛び込んでくる。

その男の名はスタニスラス、
王妃を誹謗する詩を秘密出版した無政府主義者であり、
王妃暗殺の機会を狙う人物であった。

皇族でありながら自由主義に傾倒する王妃と、
王族的精神を持つ無政府主義者。
孤独の中に生きてきた二人の魂は瞬く間に惹かれ合うが、
やがては悲劇的な結末へと突き進んで行く……。

スタニスラス役に専科の轟悠、
王妃役に宙組の実咲凜音を配してお届けする、
狂おしいまでの熱情に彩られた、耽美的な愛の物語。   

妹のゆきはトップ娘役さんの中で一番、
みりおんちゃんが(実咲凜音様)が好きなので、とてもほっとしていました。

お顔のかわいさはもちろん、
もし仮に男役さんだったとしてもイケメンな感じのクールビューティな雰囲気、
あんなに華奢なのにパワフルな歌声とダンス、
確かな演技力どれをとっても素敵と言っています。

そんな妹の好きな娘役さんは、御三家は
みりおん、ゆきちゃん(仙名彩世様)、すー様(憧花ゆりの様)

ゆきちゃんは、94期主席入団の確かな実力ときれいな歌声
そして、普段の服装・髪型のかわいさ・女子力の高さ、
妹が大好きな羽生結弦さんと同じ仙台出身という所も好きだそうです。

花組エリザベートのDVDでヴィンディッシュ嬢役を
演じられていたのを見て、ファンになったそうで、

image1 (5)

妹がタカラジェンヌだったら、一番演じてみたい役は
ヴィンディッシュ嬢だそうです(#^^#)

すー様はセクシーな独特の声と高い歌唱力、
月組の娘役さんの中でもとりわけ存在感があるところ
すごく細いのに色気があるところが好きだそうで、
STUDIO 54のルーシー編集長役と舞音のマダム・チャン(紅い蛇)役が
とりわけ好きなのだそうです。

image1 (6)

次期月組長に就任されるというニュースも
もっと出番が増えるといいな( *´艸`)と
喜んでおりました。

妹の好きなタイプの娘役さんの特徴をまとめると
娘役力が高く・かつ実力派でありながら、
もし男役さんだったら、超イケメンになりそうな
クールビューティタイプということになりますね。

演じてみたい役のエリザベート役を見事、勝ち取ったみりおんさん。
上記の「双頭の鷲」の公演解説内容を読む限りでは
2作続けて、エリザベートと
エリザベートを彷彿させる役をされることになるんですね(*^-^*)

初代ルキーニ役を演じられた、轟悠様
またルキーニを彷彿させる役をされるのも、素敵です。

YOUTUBEでちらりと初代エリザベートを見たことがあるのですが、
轟悠様のルキーニは、本物の男性以上に男らしくてかっこいい(#^^#)

実は昨年の七夕は宙組・『王家に捧ぐ歌』

轟悠様の宝塚生活30年記念ビルボードライブ
『Eternal Way with Yu』の両方を鑑賞するという
とても贅沢な過ごし方をしたのですが、

至近距離でみた轟悠様は
まるで彫刻のような人智を超えた美しさで、
オーラがすごかったです。

月組・中日劇場『風と共に去りぬ』で轟様の演技を
初めてみたのですが、
そんな若輩者の私に対して、
同じテーブルを囲んだ、長年の轟様ファンのマダムが
轟悠様の魅力をあつくあつく語ってくださって
とってもうれしかったです(●´ω`●)

ずっとずっとたくさんのファンの方が応援されてきたんだな
と思うと、本当に宝塚って素晴らしいなと思います。

「双頭の鷲」は、
狂おしいまでの熱情に彩られた、耽美的な愛の物語。  
ということですが、

私は、耽美的という言葉が一番似合うタカラジェンヌさんは
轟悠様だと思っています。
それに加えて、
植田景子先生の演出ということもあり
今からすごく楽しみです。

チケットが取れるのかそれだけが気がかりです。



スポンサーリンク



読んで頂きありがとうございます

人気ブログを見るなら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ にほんブログ村

-さな日記
-, ,