宝いぬ-宝塚大好き家族がつづる公演レビューブログ

宝塚家族の花・月・雪・星・宙と素敵なものブログ

悪夢の六号室&督促OL業務日誌☆読みました☆彡

2017/01/17

 

本を新たに2冊読んだので、忘備録です。

%e7%9d%a3%e4%bf%83%ef%bd%8f%ef%bd%8c%e3%80%80

悪夢の六号室 木下半太著

鈴木ごっこが面白かったので、さっそく他の著作を読みたくなってしまった。

読むと途中でやめられなくなってしまって最後まで読んでしまう。

和製シドニィ・シェルダンなの!?

海沿いのモーテル・ハートブレイクの5号室と6号室で繰り広げられるドタバタサスペンス。

ネタバレになってしまうから詳しくは書けないけど、面白いよ。

登場人物のキャラクター設定がいちいち濃くてそれも面白い。

悪夢の六号室 悪夢シリーズ

壇蜜さんを起用してドラマ化もされているみたい・・・

悪夢の六号室 [DVD]

実は結構、壇蜜さんのことが好きだったりします。

発言が面白いし、ただのセクシーなお姉さんではなく頭のいい人だなって思ってます。

以前、好きな俳優が佐野史郎さんと発言をされていたのを何かで目にして、それから壇蜜さんの好感度がさらにあがりました。
私、実は佐野史郎さんが大好きなのです。

おそらく本人はいたって普通の人だと思いますが、『ずっとあなたがすきだった』の冬彦さん役とか神経質かつ変態っぽい役が似合うそのイメージが好き

最近では剛力彩芽さん主演のドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』の敵役古書店・店主の演技が好き。

ああいう神経質そうな古書店・店主いそうだわ~・選ぶ本のセンスが何気によさそうだわ~と思いながらみていました。

督促OL業務日誌 榎本まみ著

信販会社に新卒で入社され、督促をおこなうコールセンターに配属された榎本まみさんによるコミックエッセイ

四コマ漫画とわかりやすい文章でとても読みやすい。

改めて、お金がなくなると人の心は荒むんだな、こわいなって思いました。

この本を読んで借金滞納者のブラックリストというものが実は都市伝説的な存在であると知りもっとお金について貪欲に学ぼうって思いました。

借金男子の見分け方という項目で、

洋服の単価が高い・・・自分自身に自信がなく見栄っ張り。
玄関に靴が散乱している・・・自分の持ち物に対する現状把握が苦手で収入を超えた出費をしてしまう。
しつけができていないペット(犬)を飼っている・・・犬のしつけができていない人は気が弱く責任感が欠けている人が多い。

という3点が挙げられていて、確かにそうかもと思いました。

また年収が高いほど借金の借入限度額も多くなるので、年収の高い人とお付き合いしていても、結婚前に借金の有無・額を確かめる必要ありっていうのが参考になりました。

督促OL業務日誌 ちょっとためになるお金の話<督促OL業務日誌> (コミックエッセイ)

また著者は借金をされている人やお仕事に対して、あたたかく真摯な姿勢で向き合っていてとびぬけた成果をあげらるのにも大いに納得。

借金をされている人の中にはコールセンターからの電話を無視したり、オペレーターさんを一方的に怒鳴り話をきかない人がみえるけど、コールセンターは敵ではなく味方だとみなして自身の現状をはなしたほうが、いろいろな措置をとっていただけることがあるというのも、目から鱗でした。



スポンサーリンク



読んで頂きありがとうございます

人気ブログを見るなら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ にほんブログ村

-さな日記
-