宝いぬ-宝塚大好き家族がつづる公演レビューブログ

宝塚家族の花・月・雪・星・宙と素敵なものブログ

東京宝塚劇場エリザベート上演中に停電

 

宝塚歌劇団宙組が、12日都内で発生した大規模な停電のため、開催していた公演を一時中断するハプニングに見舞われた。
午後3時半頃から、都内11区の約58万軒で停電が発生。直前に埼玉県新座市にある東京電力の関連施設で送電用の地下ケーブルが発火する火災が停電の原因になったとみられる。
停電は午後4時半頃にほぼ復旧した。

 千代田区有楽町の東京宝塚劇場では宙組公演「エリザベート」を上演中だったが、
昼の部(午後1時30分開演)の2幕目が始まってから30分を過ぎた頃、停電に見舞われた。
停電は56分間続き、午後4時35分に再開した。

エリザベート

 関係者によれば、観客は電気が落ちた時と、停電の説明があった時こそ「えーっ!」というざわめきが起きたものの「特に大きな混乱はありませんでした。基本的には冷静にご対応いただいた」という。劇場には非常電源の設備はあるが「もともと舞台をまかないきれるものではない」と説明した。

以上デイリースポーツ様記事より引用。

エリザベート20th Anniversary―スペシャル・エディション (タカラヅカMOOK)

舞台の終演後にいろいろ予定のある方もみえると思うけど、さすが、宝塚ファンの方々は冷静ですね(●´ω`●)

母は、まぁ様大丈夫だったのかしら?と気がかりなようですが、まぁ様や宙組さんなら冷静に対処できそうなイメージです。

停電などのトラブルは観客のみならず、舞台の関係者様・タカラジェンヌさんにとっても心理的・体力的負担の大きいことだと思いますが、客席が冷静でいてくれるから安心してトラブルで中断してしまった演技を再開することができるのだと思うで、宝塚ファンの落ち着きぶりはやっぱり素晴らしいなと思いました。

私はもちろん、昨日東京宝塚劇場にいたわけではないし、東京在住でもないですが、
なんとなく、停電時の様子は想像がつくというか目に浮かびます

宙組さんのエリザベートは10月16日(日)の千秋楽まで、あともう少しなので、
これ以上のトラブルに見舞われることなく、素敵な舞台を届けてほしいなと思います。

私はお仕事ですが、妹と祖母がエリザベートのライブビューイングを観に行くらしいので、その感想と

雪組さん初日観劇日にさっそく宙組エリザベートのブルーレイも購入したし、(役替わりルドルフとお稽古風景と階段降りだけはみました。)同時に雪組ドン・ジュアンも購入しましたので、(こちらは最後まで観れました。黒いだいもんも白いだいもんも素晴らしかった。)雪組さんの感想を書き終わり次第書けたらいいなぁと思っています。



スポンサーリンク



読んで頂きありがとうございます

人気ブログを見るなら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ にほんブログ村

-さな日記
-