宝いぬ-宝塚大好き家族がつづる公演レビューブログ

宝塚家族の花・月・雪・星・宙と素敵なものブログ

凰稀かなめ様が虞美人に!傾国の美女役、ぴったりですね!

 

1789でマリー・アントワネット役を花總まり様とWキャストでされた、

前宙組トップスターの凰稀かなめ様が宝塚退団後ミュージカルに初主演!!

花・虞美人」というタイトルの通り、

中学・高校のころの国語(四面楚歌の由来など懐かしい・・・)と歴史の授業でおなじみの

項羽と劉邦の物語が題材で、

二人の英雄の間で揺れる虞美人こと虞姫のお役だということです。

凰稀かなめ

傾城・傾国の美女役まさにぴったりですね。

以下スポーツ報知様の記事一部引用

元宝塚宙組トップスターの凰稀かなめさんが主演するミュージカル「花・虞美人

の製作発表が24日、都内で行われた。

紀元前中国の項羽と劉邦の戦いを描く。

昨年2月の宝塚退団後、今作が初主演で、

2人の間で揺れる虞姫を演じる凰稀は

かなめ 宙組

主人公なので緊張もあるけど楽しみ。女性の器の大きさ、見守る温かさ、切ない気持ちを表現できたら

と話した。

公演は2017年3月26日~31日東京・赤坂ACTシアターで。

東京でしか公演がなく、しかも期間が短いのが残念ですが、

観てみたいな~

項羽と劉邦が題材だと男の友情と二人の考えの違い

どちらが覇者になるかというところに力点を置かれることが多いですが、

虞美人が主役ということは、もしかして三角関係的な物語になるのでしょうか?

アイーダの男女逆バージョン風!?みたいな感じになるのかな。

ロマンチック過ぎますよね。
古代の三角関係。

一生三角関係に巻き込まれることはないと思うし、

巻き込まれたいとも思わないですが、

小説でも、ミュージカルでも

やっぱりときめく題材ですよね~

三角関係って

我が家ではそんな理由でまぁ様の大劇場お披露目公演

宙組公演・王家に捧ぐ歌のブルーレイがヘビーローテーションですが、

宝塚ファンになったばかりのころ、

純粋に項羽と劉邦の物語が大好きなのと妹の今後の勉強のためになるかな?

という理由で、

2010年の花組公演『虞美人』 -新たなる伝説-のDVDも購入したのですよ!

項羽役に最近『マイ・フェア・レディ』でイライザ役をWキャストでされた真飛聖様

※『マイ・フェア・レディ』は名古屋公演もあったので、

前月組トップスター霧矢大夢様のイライザで観てまいりましたのでそのうち感想を書きますよ。

真飛聖様バージョンも観たかったけど、日程的に無理でした・・・

劉邦役に前雪組トップスター壮一帆様

虞美人役に最近ママになった桜乃彩音様

虞美人

お衣装も舞台セットも本当に綺麗です。
中国が題材のものは宝塚では珍しい気がするので新鮮です。

私的注目ポイントは

少年役の桜一花様のかわいらしさです。

黒蜥蜴の小林少年といい、一花さんの少年役は愛くるしすぎます。

花組エリザベートのゾフィと同一人物だとは信じられない・・・

また、なんとこの作品ではうら若きだいもん(望海風斗様)が女役を演じています。

桃娘

桃娘というとってもかわいい少女役

かわいいだけではなく、物語においても重要な役割を果たすので、

このころからだいもんは期待の若手スターだったのね!って感動しました。

花組の虞美人のDVDは、我が家のDVDがどんどん増えたこともあって

最近は観れていないのですが、

今回の凰稀かなめ様のニュースを知って、

久しぶりに観ようかなという気持ちになりました。


スポンサーリンク



読んで頂きありがとうございます

人気ブログを見るなら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ にほんブログ村

-さな日記
-, ,