宝いぬ-宝塚大好き家族がつづる公演レビューブログ

宝塚家族の花・月・雪・星・宙と素敵なものブログ

劇団四季(名古屋)のオペラ座の怪人は本当に凄いですよ☆前楽のチケット確保しました♪

 

かわいい、かわいい妹の

久しぶりに劇団四季のオペラ座の怪人が観たい!

という一言で、急きょチケットを妹・祖母・自分の分の三枚を確保しました♪

劇団四季のHPをのぞいてみたら、

千秋楽の8月21日(日)と前楽の20日(土)のマチネ・ソワレ

3舞台ではいつもとは違う特別なカーテンコールだそうで、

千秋楽のチケットは既にありませんでしたが、

前楽はマチネ・ソワレもわずかながらチケットが残っていたため、

せっかくの機会なので、

ソワレのチケットをゲットしました(∩´∀`)∩

これでまた、楽しみが増えました(#^^#)

劇団四季

↑劇団四季のオペラ座の怪人は本当に凄いのですよ。

私は既に今回の公演を5回観てますが、

何度観ても、ファントム(エリック)の心情を思って涙してしまう・・・

ちなみにファントム役は4回が芝さん1回が佐野さんの日でした。

どちらかと言えば、

芝さんのファントムはワイルドな印象で、

佐野さんのファントムは繊細な印象なのですが、

お二人とも、はもちろん仕草が本当にかっこよくて、

特にマント捌きが素敵すぎて毎回見惚れてしまいます(≧◇≦)

ファントム、かっこよすぎる
絶対イケメンの自覚あるだろ("^ω^)・・・

と思いながら毎回みてます♪

ちなみに私がオペラ座の怪人で一番好きな場面は

ファントム(エリック)がラウルの登場に焦り

クリスティーヌを自分の住処のオペラ座の地下にさらうところです。

ファントム

私的には、ここが一番ロマンティックで盛り上がるのです。

ファントムはムード作りがすごくうまいなぁといつも感激してます♪

その後、クリスティーヌ人形の登場で、ちょっとギョっとしますけどね(;'∀')

と言いつつも、私は、エリック(ファントム)とラウルの二人だったら、エリック派なのですが、

妹のゆきは、ラウル派らしく、

ラウル様、かっこよすぎる(●´ω`●)

と毎回、観終わった後にいっております。

ちなみに私は、オペラ座の怪人の中のベストカップルは、

プリマドンナのカルロッタと第一テノール歌手で相手役を務めプライベートでも恋人のウバルト・ピアンジ

だと思っていて、

この二人はクリスティーヌ(とラウルとファントム)にとっては敵役にあたるのですが、

この二人が苛立つ気持ちもすごく理解できるし、

仕事でもおそらくプライベートでもお互いがお互いを一番に思いあってるパートナーなんだなということがよくわかる微笑ましいふたりだなと思っています。

クリスティーヌとラウルより、私の中では好感度が高いです。

だからこそ、ウバルトがファントムに舞台上演中に殺害されてしまうのが、

残念ですし、カルロッタがかわいそうでなりません。

物語の本筋とは別にここも泣けるポイントだと思っています。

別になりかわるだけなら、殺さなくても、気絶させるだけでいいのに・・・

ぽっちゃり体型で少し音痴(ではないと思うが外国人なので発音が拙く)でファントムの脚本通りに歌わないウバルトが、

エリック自身のタイプとはかけ離れてはいるが、プリマドンナのカルロッタという恋人がいて相思相愛なのも、
おそらく気にくわなかったんだろうな~と余計なことがいつも頭によぎります。

ロングラン大ヒット公演のオペラ座の怪人の前楽がみれると思うと熱い夏も乗り切れそうな気がします♪

オペラ座の怪人

楽しみが多いのは、いいことですね(#^^#)


スポンサーリンク



読んで頂きありがとうございます

人気ブログを見るなら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ にほんブログ村

-さな日記
-,